退職金制度のメリットとデメリットについて解説 | コラム | 埼玉県入間郡三芳町 みずほ台駅【トーズ工業株式会社】

ロゴ
BLOG
ブログ
更新日:2022年03月22日 コラム

退職金制度のメリットとデメリットについて解説

32
最近では、退職金制度を設けない企業も増えてきました。
では、退職金制度のメリットとデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。
そこで今回は、退職金制度のメリットとデメリットについて解説します。

▼退職金制度のメリットとデメリット
■退職金制度のメリット
退職金制度のメリットは、まず優秀な人材を確保できることです。
福利厚生の一環としての退職金制度は、働く人たちにとって魅力的なものです。

また、退職金制度があることは会社が安定している証拠なので、人材の定着も期待できます。
従業員にとっては、長く働くためのモチベーションや老後の負担軽減などのメリットがあります。
そしてもう1つが、早期退職を円滑に進められることです。
早期退職は退職金を増額など決まりを作れば、交渉ややり取りがスムーズになります。

■退職金制度のデメリット
一方で退職金制度のデメリットは、資金繰りが悪くなってしまう可能性があります。
従業員が退職するタイミングで退職金を支払うので、ある程度まとまったお金が必要となります。
定年の従業員であれば金額の予想が付きますが、中途退職は読めないので、場合によっては資金繰りが悪くなってしまいます。

▼まとめ
今回は、退職金制度のメリットとデメリットについて解説しました。
退職金制度はメリットとデメリット、それぞれあります。
ただ、従業員にとってはメリットのほうが多いといえるので、退職金制度は完備されていたほうがモチベーションアップや安心感に繋がるでしょう。
Recruit

募集要項

アイコン

049-257-2290
10:00 〜 20:00

アイコン エントリー